【疑似家族が家族になる過程】『くりことびより』【ネタバレ】

スポンサーリンク
くりことびより 漫画

こんにちは。漫画大好き編集者のグルリンゴ(@entame13423)です。

今回ご紹介するのは、ある里子を迎えたことから始まる家族の物語『くりことびより』です。

めちゃくちゃ良質な漫画です。疑似家族から「疑似」を取れていくお話。お菓子作りを絡めつつ、3人家族の日常を描きます。

グルリンゴ
グルリンゴ

こんなに魅力的な子供の描写は他にない!!

グルリンゴについて


★出版社での編集者歴15年以上。漫画、ビジネス書などの編集を経験。
☆年間の読書量は漫画100冊、書籍30冊程度。映画の鑑賞本数は年間150本程度。
Twitterでは最新のお勧めエンタメコンテンツを紹介。
☆「これは面白い!」と思った作品を人にお勧めするのが生きがい。

『くりことびより』感想(ネタバレ)

created by Rinker
¥759 (2024/05/20 05:16:59時点 楽天市場調べ-詳細)

個人的星取

4.5 子供の描写が秀逸すぎる。

Amazon星取

2023年8月9日 
☆:5.0
レビュー数:5

作者紹介

雪本愁二:日本の漫画家。高知県出身。国際デザインカレッジマンガ科卒業。講談社から単行本が刊行された『けもらいふ』や、『まんがライフSTORIA』に連載された『ゆづちゃんはハリネズミがささってる』、『good!アフタヌーン』において連載された『サメガール』などの作品がある。
(引用:wikipedia)

Twitterアカウントは以下より。『けもらいふ』も面白そうなので購入しました!可愛い絵柄が特徴的ですね。

あらすじ・概要

お菓子メーカーで働く長束総二郎とその妻・真琴は、4歳の少女・くり子を里子として迎える。幼い頃の記憶があまりない総二郎は、くり子との接し方に悩み、なかなか距離を縮めらずにいた。しかし、総二郎の得意なお菓子作りにくり子は興味津々!!
おいしい手作りお菓子で血のつながりのない親子が“家族”になっていくハートフルストーリー。

感想・評価

【主要登場人物】

長束(なつか)総二郎……25歳、お菓子メーカー勤務。お菓子作りが得意。真琴の夫。

長束真琴……28歳。総二郎の幼馴染と思われる。総二郎の妻。

くり子……4歳。長束家に里子として引き取られる。好きな動物はマンモス。

過剰な説明描写はなく、出来事によって長束夫妻のこれまで、くり子のこれまでを浮かび上がらせます。うまい!!


くり子は抑圧された生活を送ってきたと推測できます。失敗に過剰に反応してしまう。自分で何でもできると思っている(思わざるをえなくなっている)。

そんなくり子の心を総二郎のお菓子作りと真琴の優しさが、ゆっくりとほぐしていきます。

総二郎にも苦い過去があります。しかしそのトラウマの記憶は不完全で欠けています。その記憶が、くり子との新しい暮らしの中で蘇ってきます。不安定な総二郎を支える真琴の姿に涙します。

真琴は過保護な一面があります。それは自分の赤ちゃんを手放した過去があるからと推察されます。だからこそ、人一倍くり子を想っています。くり子との公園での出来事が、真琴の固まった心を柔らかくします。


いわゆる「疑似家族」。しかし「疑似」という冷たい表現はこの家族には似合わないかもしれません。

それぞれがトラウマを抱えつつも、本物の「家族」になるまでの物語です。

くり子は想像力豊か。想像の世界がとても愛くるしい。お菓子作りの中で、その想像力は飛躍します。このくり子の想像の場面が一番好きでした。

長く読み続けたいと思える漫画に出会えました!

『くりことびより』お得に読む方法

私が調査した結果、以下の方法が最もお得です。

ebookjapanの「初回ログインでもらえる70%OFFクーポン」を使えば、定価759円のとこ259円で購入することができます。しかもクーポンは6回利用可能なので、別の漫画をお得に購入することもできます。

『くりことびより』ebookjapan初回登録で70%OFFはこちら

終わりに

今回は『くりことびより』ご紹介しました。

傑作です。『よつばと』と比較されることも多いと思いますが、それぞれ異なる魅力があるので、長く続いて欲しい……!

どうも、グルリンゴ(@entame13423)でした。

created by Rinker
¥759 (2024/05/20 05:16:59時点 楽天市場調べ-詳細)
漫画
グルリンゴをフォローする
ブログ管理人

グルリンゴと申します

漫画や映画などエンタメ作品に取り憑かれた編集者です。

編集歴15年以上。大学卒業後、出版社に就職。雑誌や漫画、ビジネス書などの編集を経験。これまで手掛けた作品は50作以上。

幼少期から本に囲まれる生活を送る。年間の読書量は漫画100冊、書籍30冊程度。映画の鑑賞本数は年間100~200本程度。自分が「これは面白い!」と思った作品を(押し付けがましくないように)人にオススメするのが生きがいで、このブログを始めました。

グルリンゴをフォローする
グルリンゴ

コメント

タイトルとURLをコピーしました