【人生の真理】『タワマンに住んで後悔してる』【ネタバレ】

スポンサーリンク
タワマンに住んで後悔してる 漫画

こんにちは。漫画大好き編集者のグルリンゴ(@entame13423)です。

今回ご紹介するのは、なんとも物騒なタイトル『タワマンに住んで後悔してる』です。
タワマンに住むのがこんなにも恐ろしいのかと震え上がる一作。

そして、本作は絶対に最後まで読んでください。最後の一文に心が震えます。

グルリンゴ
グルリンゴ

なんて恐ろしい作品なのか……。
タワマン漫画・文学は数多くありますが、その中でも傑作です。

グルリンゴについて


★出版社での編集者歴15年以上。漫画、ビジネス書などの編集を経験。
☆年間の読書量は漫画100冊、書籍30冊程度。映画の鑑賞本数は年間150本程度。
Twitterでは最新のお勧めエンタメコンテンツを紹介。
☆「これは面白い!」と思った作品を人にお勧めするのが生きがい。

『タワマンに住んで後悔してる』感想(ネタバレ)

個人的星取

4.0 当事者には切実。

Amazon星取

2023年6月9日 
☆:4.1
レビュー数:46

2024年5月19日
☆4.1
レビュー数:246

作者紹介

●グラハム子:漫画家。著作に『女子校デイズ』『美淑女戦隊オバサンジャー』『親に整形させられた私が母になる』『夫の公認なら不倫してもいいですか?』(いずれもKADOKAWA刊)がある。

●窓際三等兵:タワマン文学の先駆者。主にTwitterに生息している。

(引用:Amazon商品紹介ページ)

あらすじ・概要

本当に大切なものがなんなのか 私にはわからなかった――。

同じタワマンの低・中・高層階に住む家族3組の虚栄と内情。
そこから見えるのは救いか、絶望か。

「タワマン文学」の先駆者、窓際三等兵氏のオリジナル描き下ろし原作を、
『親に整形させられた私が母になる』などの話題作をもつグラハム子氏が漫画化!


九州から念願の東京転勤が叶い、憧れだったタワマン低層階の部屋を購入した渕上(ふちがみ)家。
専業主婦の渕上舞は東京の生活に馴染めずにいたが、小学5年生の息子・悠真が入った野球チームには同じタワマンに住むママ、サバサバ系バリキャリウーマン・瀧本香織(中層階在住)とボスママ的存在のエリート駐在妻・堀恵(高層階在住)の2人がおり、すぐに仲良くなる。しかし転入早々、悠真がエースになったことで徐々に不協和音が…。
低層階と高層階、専業主婦とバリキャリ、子どもの学力、夫の職業など、さまざまな軸で見えない競争意識に駆り立てられていく大人たち。同じタワマンの低・中・高層階に住む家族3組の虚栄と内情を描くセミフィクション。

(引用:Amazon商品紹介ページ)

感想・評価

タワマンに憧れる人々

最近SNSでよくお見掛けする、窓際三等兵さん。
本作は、恐らく窓際さんの別名・外山薫さんの『息が詰まるようなこの場所で』が原作になっていると思われます。

冒頭、タワマンに引っ越してきた渕上家の妻・舞は、「憧れのタワマン生活」とはっきり言っています。
「憧れて」入居したことが伺えます。タワマンに憧れる……素敵な響きですね。
そんな風に嫉妬&嘲笑したくなるセリフです。

渕上家は三人家族。九州から東京のタワマンに転居。
妻の舞、夫の大輔、息子の悠真。タワマン6階です。
野球の得意な悠真ですが、同級生たちには「受験」の二文字がこべりついています。

地方出身の引け目

地方出身の舞は、東京のママ友の陰湿な雰囲気についていけません。
そんな時、舞に手を差し伸べて友人になってくれるのが陽斗のママ・香織(26階在住)です。
慶応出のバリキャリである香織は、旦那の年収やタワマンの階数で競い合うママ友たちとは一線を画す人物でした。

受験戦争を目の当たりにした舞は、小学5年生の悠真を塾に入れることにします。
しかし当然のことながら、成績はすぐにはあがりません。
友人の香織の息子・陽斗は、なんと塾の模試で全国トップクラスの成績を収めています。
広告マンの旦那はパリピ。

香織は嫌味なことは言わない人物ですが、すべてを所持した勝ち組に思えます。
とまあ、これはあくまで舞視点です。

タワマンはすべてを呑み込む闇

第二部は、香織視点。香織は優秀ですが、実は旦那は家事をせず、仕事に育児に追い込まれています。

陽斗のことも、その実、旦那はたいして何も考えていません。良い顔ばかり息子には見せ、息子の将来に対して現実的ではない。それに香織は焦ります。
誰にも理解してもらえない仕事と育児の両立で疲弊した香織は、ついに妹の葵と喧嘩していた陽斗をぶってしまいます。

周囲からは羨望の目で見られる香織は、自分の悩みを打ち明けることはできません。
旦那が浮気しているかもしれない、という悩みはーー。

第三部は堀家視点。42階に住む富裕層です。

優越感がマウントに繋がる

3つの家の視点を通して、タワマンに憧れることの滑稽さや、階層マウントを取る人間の醜悪を描きます。
そしてタワマンを選ぶ大人の精神性が、やがて子供を無理やりに受験やスポーツへと誘導する悪魔的思考へとつながっていきます。

最終話に描かれる真理とは

本作の白眉は最後の一文です。
この一文の切れ味だけみても、窓際さんの筆力が伺えます。

そこにはタワマンを通り越した、人間の真理が書かれています。

人間の本質が書かれています。
窓際さんは、その本質を、タワマンを通じて書いたのです。

『タワマンに住んで後悔してる』お得に読む方法

私が調査した結果、以下の方法が最もお得です。

ebookjapanの「初回ログインでもらえる70%OFFクーポン」を使えば、定価1,210円のところ710円で購入することができます。しかもクーポンは6回利用可能なので、別の漫画得に購入することもできます。

『タワマンに住んで後悔してる』ebookjapan初回登録で70%OFFはこちら

終わりに

今回は『タワマンに住んで後悔してる』をご紹介しました。

タワマンには問題のない家庭はないのか!!笑、と突っ込みたくなる一作ではありますが、生きていくうえで大切なことが描かれた一作でもあります。

ぜひご一読ください!

以下の記事では、2023年発売の新作漫画のおすすめをまとめています。

以下の記事では、離婚やモラハラ、パワハラ、DVなどの漫画をまとめて紹介しています。
ご興味のある方はぜひご一読ください。

どうも、グルリンゴ(@entame13423)でした。

漫画
グルリンゴをフォローする
ブログ管理人

グルリンゴと申します

漫画や映画などエンタメ作品に取り憑かれた編集者です。

編集歴15年以上。大学卒業後、出版社に就職。雑誌や漫画、ビジネス書などの編集を経験。これまで手掛けた作品は50作以上。

幼少期から本に囲まれる生活を送る。年間の読書量は漫画100冊、書籍30冊程度。映画の鑑賞本数は年間100~200本程度。自分が「これは面白い!」と思った作品を(押し付けがましくないように)人にオススメするのが生きがいで、このブログを始めました。

グルリンゴをフォローする
グルリンゴ

コメント

タイトルとURLをコピーしました